50歳から

50歳からすっきりシンプルライフを目指して頑張り始めました。どこまでやれるか日々記録していきます。

【捨活】【引っ越し】粗大ゴミ処分の失敗談

 

f:id:chii-425:20200712091812p:plain

 

 今年の3月、引っ越しをしました。

 

引っ越す時、

使っていた家具の処分のため、

行政の粗大ごみ回収サービスを

利用しました。

 

…が…

 

失敗でした。

 

引っ越し時の大量の粗大ごみは

1個1個出していくより、

一度にドーンと業者の軽トラックに

詰め放題にした方が良かったです。

 

 

その方が早くて安い。

 

今回は私の体験を通して

引越し時の粗大ゴミの処分に

ついて綴ります。

 

 

引っ越し時の粗大ごみは

まとめて出した方が安くて早い

 

f:id:chii-425:20200712090538j:plain

2tトラックに荷物をつめている途中

 

去年、母が引っ越しをしました。

その時2t詰め放題で、

確か4万円。

 

結構いろいろな物を持って

いってくれました。

 

家具や布団はもちろん、

やぶれかかったモスボックスに

入った古い着物。

 

ベランダにあった植木鉢。

 

長い金属の棒状のもの。

 

実家は広くなかったし、

もともと母が引っ越しの

前年に断捨離をしていたので

それほど物はなかったのですが、

2t車って結構入るんだなぁ、

と思いました。

 

今年、私が引っ越しをするときは、

まとめて業者に頼むということは

考えていませんでした。

 

引っ越し先は彼の実家で、

広さは2人で住むには十分な

100平米ほど。

20平米に満たない狭い部屋に

住んでいた私は、そもそも荷物を

減らさなくても全て入ることが

わかっていました。

 

使っていた家具は全てメタルラック。

 

f:id:chii-425:20200712090759j:plain

引っ越し作業中の部屋 家具はすべてこのような金属のラックでした

 

 

このメタルラックを崩してしまえば

粗大ゴミ回収は安く済むんじゃ

ないかとたかをくくっていたのです。

 

ところが…

 

私の住んでいたところの

粗大ゴミ回収は組み立てた状態の

大きさでの回収費用になるため、

まあまあの金額になってしまいました。

 

つまり、高さ2m:幅1.5m:奥行き0.5m

で組み立てて使っていたとしたら、

その大きさの箱物家具として扱われる

わけです。

 

写真のラックは、くずしてしまえば

棚と金属のパイプのみになります。

 

小さくなればそれだけ回収費用が

安くなる、と思い込んでいたのですが

そうではなかったというわけです。

 

後ほど粗大ゴミ処分にかかった

トータルの費用を書きますので

参考になさって下さい。

 

その他こまごましたものを

粗大ゴミ回収に依頼しました。

 

そういった細かいものを含め、

いちいち行政の粗大ゴミに回収依頼の

電話をし、えっちらほっちら部屋から

外へ運び出す手間暇は、

思えば結構大変で…

 

母のように一度に業者に持っていって

もらったほうが良かったかもなぁ、

と思えます。

 

 

引っ越し時の粗大ゴミ回収費用

 

私の引っ越し時の、粗大ゴミ回収内容と

費用はだいたい以下の通りです。

 

折りたたみテーブル

ガスコンロ

食器棚

ゴミ箱

電子レンジ

金属ラック(4台分)

木製板(2枚)

ガス台

本棚

脚立

イス

収納棚

冷蔵庫(家電リサイクル) 

 

合計約¥22000

(きちんと計算していなかった

 ので概算です)

 

洗濯機が壊れていたので

引っ越しが決まる前に処分して

いたため、洗濯機の処分費は

含まれていません。

 

この金額だけ見ると

少なめですが、実際の労力や

手間暇を考えるとどっこいなんです。

 

2t車だと4万ぐらいしますが

軽トラックだと2万ぐらいが

相場なんですよね。

荷物の量からして軽トラックで

間に合いそうでしたし…



捨活らしいことができました



それでも、

一度に捨ててしまわなかった

ことで良かった点もあります。

 

ひとつひとつの物と

向き合うことが出来た点です。

 

物によっては15年お世話に

なっているので、

いろいろ思い出があるわけです。

 

引っ越しは断捨離や捨活の

いい機会です。

 

ミニマリストを目指していた

ので、持ち物はだいぶ減っては

いたものの、洋服なんかは

まだまだ大量でした。

(今も大量です)

 

それでも少しは捨てられました。

 

一気にやってしまった方が

いい場合もあると思いますが

性格的には、ちゃんと物と

向き合って、「離れてもいい」と

思えなければ結構後悔するんです。



捨てたらあまり後悔しないと

言われてますけど、

そうでもない人っていると

思います。

 

私の場合は物にもよりますが、

洋裁好きの母が作ってくれた

服はなかなか手放せないです。

 

一度ドカっと一気に捨てた

ことがあるのですが、

ものすごく後悔してます。



もっとちゃんと向き合えば

良かったと思っています。



で、今回の引っ越しですが、

のんびりやって、

ひとつひとつの物と向き合え

たので後悔は全然ありません。



お金も時間もハタから見たら

余計に使っているように

見えると思ったので

今回は「失敗談」として

紹介しました。

 

けど、自分では

お金も時間ももったいないけど、

ま、仕方ないか、

という感じです。

 

まとめ

 

引越し時、安く速く粗大ごみを

処分したい場合は

業者のトラック積み放題サービスが

いいです。

 

私は行政の粗大ゴミ回収サービスで

ひとつひとつ捨てていったので

時間もお金もまあまあかかって

しまいました。

 

これは失敗と言えます。



けれど、物と向き合い

納得ずくで手放していく

ことができたので、

見方を変えれば失敗では

ないです(と思いたいw)。



引っ越しに限らず片付けでは

大きな物から小さな物まで

さまざまな物を捨てて

いきますよね。

 

物と向き合ういい機会ですが、

時間のない人もいると思います。

 

人それぞれなので

できるだけ後悔しないよう

納得のいくかたちで

引っ越しや片付けを

すすめられたらそれが

一番だと思います。